menu

shodagegege

tokyo setagaya

TEL.NG

WESTォォォォ!!!~愛のセッション~/ジャニーズWEST

2019年10月9日発売 ジャニーズWEST

シングル『BigShot‼』

通常版M3収録の「WESTォォォォ!!!~愛のセッション~」作詞・作曲・編曲

 画像提供:amazon
M3「WESTォォォォ!!!~愛のセッション~」
作詞作曲編曲 庄田ゲゲゲ
ギター 川相犬太郎(KENNEL)
ピアノ 諸見里修

メモ:作詞と作曲では初の単独クレジット作品。 個人的には凄い記念作。 前2作があってこその採用という面もあるとは思うけどジャニーズWESTでそれが実現出来て嬉しい。(共作も歓迎ですが)

楽曲に関しては、かなりジャニーズWESTチームの力を借りていて、いろんな修正依頼に従ってたら本当に良くなったという感じで勉強になったし助けてもらった感が強いです。 デモ段階では核となる「じゅんじゅじゅ~ん」のくだりはBメロで初めて登場するのだけど冒頭に持ってきてインパクトが大きくなったし、全体的にメリハリが出るよう先導していただきました。 かなりこの部分に拘っていただけて、「1テイクめの「じゅんじゅじゅ~ん」の脱力感のある仮歌に戻して欲しい」とか、特に「りゅうせせせ~い」の部分だけ何故か「もっと強いの」と言われて何度か再提出しました。(笑) それが後のツィッターでのジャス民さん達の感想に直結しているので流石だな・・と感心するばかりです。

歌詞は共同クレジットになるのかな?と思っていたくらいメンバーの方々の意向が反映されていて、歌詞に無いくだりは完全にフリーコーナーとなっています。

基本的に、「ゆるいからまあいっかー」みたいな部分が多い。 例えば、後半のじゅんじゅじゅ~ん SAY!~ の部分は、りゅうせせせい SAY! だけ 合いの手が「SAY!」まで入っていて、「思わずつられてSAY!って言ってしまっとるやんけ」という小ネタです。 多分緩くないと許してもらえないし、単に間違いとしか伝わらないので緩い曲という認識を持ってもらえてよかったです。ここ気に入ってるんです。

自己紹介曲と言えば、スマップの自己紹介曲をフォーマットとした、8小節くらいの尺を使ってしっかりメンバー紹介して、その後8小節かけて名前をコール(ソロダンスコーナー)、曲調が1人1人変わって8分くらいの長尺で・・というイメージは自分にもありましたが元々のコンセプトが違ったようでそれに応じて作りました。多分、それはもうベタだし擦られてるから違う事をしたいという事だったのでしょうか。 そこから考えると、なかなかにぶっ跳んでますよね。採用?マジか?凄いな!!WESTォォォォ!!って感じです。 正直、そんな何曲も出来ない大事な自己紹介曲枠を自分で消費してよかったのかという申し訳なさは多少ありますが、フラゲ日からのツィッターの感じを見る限り、「大阪とんとんダンス」・「パチもん」の時よりもちょっと震度高めに感じたので、さすがジャス民!!って感じです。